【人口4人の国!?】シーランド公国について詳しくまとめてみた

プレイス

人口が4人しかいない国、シーランド公国。

面積も驚くほど小さく、なんとバチカン市国よりも小さいのです。

しかし、シーランド公国を正式な国だと認める国はなく、あくまで自称”国”という状態です。

そんな謎の多いシーランド公国について、詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

シーランド公国はどうやってできたの?

第二次世界大戦中に、イギリスは沿岸の防衛をするため、イギリスの近くの海上に4つの海上要塞を建てました。

しかし、戦争が終わると、その海上要塞は廃墟となってしまいました。

そこに、ある一人の男が現れます。

その男の名は、パディ・ロイ・ベーツです。

1965年、パディ・ロイ・ベーツは海上要塞の一つ「ノック・ジョン・タワー」を占拠し、要塞に残されていた軍のラジオビーコンを使用して、ラジオの海賊放送局を開業しました。

海賊放送とは、国からの正式な放送免許を持たずにラジオやテレビを放送すること。

海賊放送は犯罪なので、当然パディ・ロイ・ベーツは罰金の支払いを命じられました。

しかし、パディ・ロイ・ベーツは他の海上要塞「ラフス・タワー」に移動して、そこでまた海賊放送をしようとし、ラジオ放送を禁止されました。

そこで、パディ・ロイ・ベーツは驚くべき行動にでます。

なんと、「ラフス・タワー」の独立宣言をし、シーランド公国という国家を建国したのです。

もちろん、パディ・ロイ・ベーツは不法占拠の罪で訴えられましたが、イギリスの裁判所は「シーランド公国(ラフス・タワー)はイギリス司法の管轄外」として、釈放しました。

というのも、シーランド公国(ラフス・タワー)はイギリスが建てた海上要塞ではあるものの、イギリスの領海の外にあったのです。

しかも、そこは公海で、どの国の領海でもなかったのです。

このイギリスの裁判所の判決を、パディ・ロイ・ベーツは「イギリスがシーランド公国を認めた」と解釈し、1975年には憲法・国旗・国歌も制定しました。

これが、シーランド公国の成り立ちです。

スポンサーリンク

正式な国として認められていない

シーランド公国は、どこの国からも正式な国として認められていません。

成り立ちを見れば当然のような気がしますが・・・。

国際法では、無主地先占(むしゅちせんせん)といって、どの国の領土でもない土地は自分の国のものにしても良いと決められています。

シーランド公国は、先程述べたように、どこの国の領海にも入っていない、つまり、どの国の領土でもないということになります。

そうすると、シーランド公国は国際法に則っているため、正式な国だと認めても良さそうな気がします。

しかし、国際法では国として認める上での必要条件として、領土を持っていることをあげています。

ここでいう領土とは、島または大陸の全部または一部のことです。

そして、国連海洋法条約では、島と呼ぶ条件の一つとして、自然に形成された陸地であることをあげています。

シーランド公国は自然に形成されたものではないため、どこの国からも正式な国だとは認められていないのです。

地理・場所・首都について

地理

シーランド公国は、もともとは海上要塞だったので、海上要塞の形をしています。

2本の円柱と1枚のデッキで構成されており、デッキが国の入り口なのですが、デッキは海からの高度が高いため、端には訪問者を釣り上げるためのクレーンがあります。

調べてみたら、シーランド公国のイラストが著作権フリーで公開されていたので下に貼っておきますね。

シーランド公国のイラスト↓

マメ
マメ

このイラストは「いらすとや」にあったものなのですが・・・。

いらすとやは何でもありますね・・・。

場所

シーランド公国は、イギリスのフェリックストーの南西の海上にあります。

下の地図のちょうど真ん中あたりです。(下の地図(Google Map)にはシーランド公国は載っていなかったので、心の目で見てください。)

首都

国の面積が狭いため、国全体が首都となっています。

そのため、首都名は国名と同じ「シーランド」です。

シーランド公国のアクセス

シーランド公国へ向かう飛行機便や客船はありません。

しかし、シーランド公国にはボートで来た人を釣り上げるためのクレーンと、ヘリポートがあるので、ボートやヘリコプターをイギリスからチャーターして行くのがおすすめです。

シーランド公国への行き方は下の記事で詳しく書いたのでご覧ください。

シーランド公国の政治・経済

政治

シーランド公国の政治体制は、立憲君主制です。

立憲君主制とは、君主(王、プリンス)が政治をするものの、憲法によって君主の権力が規制される政治体制のこと。

経済

通貨は「シーランド・ドル」という独自の通貨を使用しています。

固定為替相場制(こていかわせそうばせい)を導入していて、シーランド・ドルはアメリカ合衆国ドルと常に等しい価値となっています。

固定為替相場制とは、インフレを防ぐために、自国の通貨の価値を常に他国の通貨の価値に合わせることです。

シーランド公国の場合は、自国の通貨の価値をアメリカの通貨の価値に合わせています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました